若狭・小浜のご当地グルメ特集


越前がに

カニの王様である越前がには、毎年11月6日から3月20日にかけて水揚げされるブランド蟹です。越前がにには黄色いタグが付けられており、ブランドの証でもあります。


若狭ふぐ

越前ガニと並ぶ冬の味覚の代表格。若狭湾は日本最北のとらふぐ養殖地のため、身が締まっていてプリップリ。その味とご当地価格のリーズナブルさから、毎年冬になると遠方からお求めになられる方も。


ソースカツ丼

福井県民のソウルフード。福井でカツ丼と言えば、一般的にソースカツ丼のことを指します。ソースの香りとサックサクの衣のアクセント、絶妙な厚さのカツから溢れる肉汁が美味しい一品です。


若狭牛

但馬系の和牛で、平安時代には牛車引きの牛として知られていました。現在では、県内で広く飼われ、「きめ」が細やかで柔らかく、「脂肪交雑」は密な霜降り、風味に富んだ高級牛として知られています。


小鯛のささ漬け

レンコ鯛を3枚におろし、うす塩と酢でシンプルに味付けした逸品。杉の木の香りが漂う小さい樽に、防腐作用のある笹の葉と一緒に樽詰めした、風味の良い一品です。


鯖のお刺身

美食家として名高い北大路魯山人が絶賛したことで有名な小浜鯖。餌を調整することで刺身でも食べられます。水揚げしてすぐの新鮮な鯖だからこそ味わえるお刺身は、養殖地の田烏地区を中心に味わえます。


鯖のへしこ

一塩した鯖を糠漬けにした一品。熟成の中で独特の旨みが生まれ、まるで「海の生ハム」です。へしこの刺身はお酒にピッタリ。軽く炙って、シンプルに白ご飯やお茶漬けと合わせて食べるのも最高です!

 

ローカルラーニングツアーでは、小浜の誇る発酵食である「「鯖のへしこ」や、鯖のへしこをさらに発酵させた「鯖のなれずし」に携わる地元の方に取材を行いました。参加者の方の紹介記事コチラからお楽しみください。


若狭ぐじ

延縄(はえなわ)漁で漁獲されたアカアマダイのうち、鮮度が良く姿形が美しい大型のものだけが「若狭ぐじ」と呼ばれます。独特の甘みがあり、京都をはじめとした高級料亭からも重宝されている魚です。


若狭かれい

塩をして天日に干すことで身が締まった若狭かれいは、生乾きで柔らかいのが美味で、軽くあぶって食べるのが通のやり方。皇室にも献上されており、御食国の伝統が今でも続いている格式高い魚です。


醤油干し

若狭湾でとれる新鮮な魚を醤油にさっとくぐらせてから軽く干し上げてできる「醤油干し」。みりん干しのような甘みはなく、塩干しと比べて、グルタミン酸やアミノ酸等の旨味成分が豊富です。